フィナステリドが髪の毛に与える影響

男性の悩みのひとつに、AGA(男性型脱毛症)といわれるものがあります。このAGA(男性型脱毛症)は、髪の毛が成長する時期が短くなって、毛が抜け落ちてしまうものです。
一般的には、3年から6年かけて毛髪が成長するのですが、AGA(男性型脱毛症)の症状がある人は、数か月から1年ほどの短い期間で休止期になり、毛髪が抜けてしまうようです。AGA(男性型脱毛症)が進行していくと、毛髪も細くなって産毛のような状態になり、やがて生えることがなくなってしまうようです。
この症状には、男性ホルモンのテストステロンが深く関わっています。
テストステロンは、睾丸で主につくられているのですが、毛髪の毛乳頭と皮脂腺に存在している、5αリダクターゼという物質と結合して、ジヒドロテストステロン(DHT)がつくられ、これがヘアサイクルを短くする原因になっていると考えられています。
この一連の流れを阻害したり、生産を抑制してくれるのが、フィナステリドという成分になります。
フィナステリドは、AGA(男性型脱毛症)の治療薬として医師が処方している、プロペシアと呼ばれる医薬品に含まれている有効成分になっています。日本では、2005年から厚生労働省の認可を得て発売されています。
フィナステリドの成分が効果を発揮するためには、薄毛に気づき始めてから早い時期に服用を開始することにあります。
抜け毛がひどく感じられてから、およそ5年以内の期間であれば、髪の毛が再度生えてくることが期待できるようです。
フィナステリドを服用してから、大体3か月を過ぎると変化がみられ始めるようですので、早めに医療機関を受診して、医師の診断を受けることが大切になるでしょう。

ネットでのフィナステリドの評判

男性の薄毛の原因の多くを占めているものにAGAという病気の存在があります。
これはテストステロンという男性ホルモンが頭皮の5αリダクターゼという酵素と出会うことで反応し、そこで発生するDHTという物質が頭髪のヘアサイクルを大幅に狂わせて、健康的な状態だったものがすっかりと栄養不足に陥って抜け落ちていってしまうという症状のこと。
これを治療するにはフィナステリドと呼ばれる成分を含んだ特効薬を服用することが求められます。
フィナステリドはもともと前立腺肥大症の特効薬の開発中に偶然発見されたという成分で、日本の医療機関でもAGA由来の薄毛治療薬としては唯一このフィナステリドを含むプロペシアという錠剤が認可を受けています。
フィナステリドにはその服用に際して幾つかの副作用の可能性も指摘されているのですが、このプロペシアに関しては日本人の体質に見合った錠剤として認められていることもあってその副作用の発症率も低く抑えられているのが特徴的です。
ただし、通販などで海外の医薬品を取り寄せて服用している人も多く、それだと含有量などが異なってくるので副作用への注意が必要になります。
ネットでの評判ではやはりフィナステリド配合の錠剤を服用することで性欲が減退してきたり、あるいは勃起不全になるなどの症状を打ち明ける人が多いのが特徴的です。
一方、それ以外の肝機能障害や鬱症状といった副作用を訴える人はほとんど見受けられず、これらの可能性を感じた時にはすぐに服用をやめたり、かかりつけの医師に相談するなどの対処法をとることですぐに問題を解決した人も見受けられます。
いずれにしてもネットでは、特にプロペシアに関してはそれほど副作用を怖がる必要はなく、まずは使用していく中で違和感を覚えたらすぐ医師に相談するというスタンスで臨むのが望ましいという声が多くを占めています。

AGA治療にもっとも最適な医薬品フィナステリドとは

AGA治療の為にも特に有効性がある成分とされているのがフィナステリドです。
AGAによる薄毛を克服する為の救世主とも言える成分ですが、効果としては脱毛物質の阻害です。
フィナステリドの効果を知る上でまず知っておきたいのが、AGAがそもそもなぜ発症するのかについてですが、原因は男性ホルモンと還元酵素とされています。
男性ホルモンと還元酵素、どちらも人間にとって欠かせない存在です。
しかし、男性ホルモンと還元酵素が結合してしまった場合、毛周期を狂わせてしまう脱毛物質、即ちDHTという物質に変換されます。DHTが増加することで髪の毛の毛周期が変化するのですが、成長期が通常よりも短くなってしまい、それによって髪の毛が十分に成長しない状態になってしまいます。
これがAGAの発生メカニズムになっているのですが、そこで有効なのがフィナステリドです。
フィナステリドは還元酵素阻害薬とも言われているのですが、DHTの原因になる還元酵素を抑えることができますので、その作用で脱毛を予防することが可能です。
そしてDHTの増加を防止することで毛周期が正常化しますので、毛根が本来の成長力を取り戻して脱毛予防になったり、発毛し易い状態へと改善させていくことができます。
つまりフィナステリドによって根本的な脱毛原因を抑えることが可能であり、治療の際にもよく用いられる成分となっているのです。
ただし、フィナステリドには発毛作用がありません。脱毛物質の増加を抑える力はあるものの、それだけの効果しかない為、フィナステリドのみでは発毛ができないことがあります。
その為、基本的には発毛剤もセットで使用するのが効果的な対策方法とされています。

ページトップへ